クレジットカードっていうものは

クレジットカードにキャッシングっていう機能が付いていることを
最近知りました。
クレジットカードっていうものはお買い物をするときに使うものだと
思っていました。
まあメインの昨日はそれなんでしょうね。お買い物の時にクレジットカードを
使って、クレジットカード会社がお店に支払ってくれて、
クレジットカード会社は私に請求をしてくる。それが本来の使い方なんでしょう。
でもそのお買い物のところを現金にしたのがキャッシングなんですね。
現金のお買い物をしたと思えばいいのでしょう。
しかし!クレジットカードでお買い物をした時には1回払いの時には
金利や手数料はかかりません。これはお店側が負担することになっているんです。
じゃあお店は損をするじゃないかと思いがちですが、やはりクレジットカードが
使えるお店と使えないお店では集客率も変わってくるだろうし、一回の単価も
変わってくる。クレジットカードだとつい財布の紐(クレジットカードの紐?)も緩むってわけです。
話は戻ってキャッシング。キャッシングはいくら1回払いで一括返済したとしてもきっちり金利が付きます。
これは現金を動かしているからなんでしょうね。
現金を無金利で貸しちゃったらクレジットカード会社はボランティアに
なっちゃいますもんね。利益が全く出ない。
なのでキャッシングは1回払いでも、たとえ一日でも金利はしっかりつくようです。